-自動車保険の選び方

2009年8月アーカイブ

後遺障害にも絶対負けない!交通事故損害賠償請求バイブル第2版

 

自動車保険は大きく分けて2種類あります。1つは、車を所有するときに必ず加入しなければいけない強制保険である自動車損害賠責保険、自賠責共済と、もう1つは任意で加入する自動車保険です。

何故、自賠責保険、自賠責共済だけでなく任意の自動車保険があるのでしょう。自賠責保険に加入しているだけでは安心な自動車保険に加入しているとは言えないのでしょうか。

自賠責保険は万一事故が起きたとき、被害者や遺族に対して最低限度の賠償をする自動車保険です。しかし、交通事故の増加とともに自賠責保険ではカバーしきれない事故のケースが多く、そのためあらゆる事故に対応できる任意で加入する自動車保険が必要になるのです。

自動車保険として重要な役割を果たしている任意保険は、被害者や遺族に対して自賠責保険では支払いしきれない賠償のカバーができます。それ以外にも、対物賠償、事故を起こした運転手と同乗者に対する補償、事故を起こした車の修理費、無保険者に対する補償など、自動車保険としてかなりの補償をしてくれます。

そのほか、最近ではリスク分散型の自動車保険が登場し、加入者自身が自分の車の利用スタイルに合わせて必要な補償を選ぶことができ、そのため保険料を抑えることも出来るというオーダーメイドのような保険も登場してます。加入者自身が自動車保険について理解し知識を深めておく必要があります。

保険会社が教えてくれない自賠責保険請求ガイド第3版

 

自動車保険の中で各社の任意保険契約には、等級制度というものがあります。生命保険と異なり、自動車保険のこの等級制度はドライバーの事故歴等によって保険料が割り増しになったり、割り引きになったりします。

一契約で自動車・二輪車を含めて10台以上の車両を補償するフリート契約と、9台以下を対象とするノンフリート契約があり、自動車保険として一般家庭の多くで加入しているのはノンフリート契約になります。

このノンフリート契約にあるのが等級制度であり、1年間の契約期間に保険請求の回数から1等級から20等級まで、自動車保険料が増減し、事故の多い契約者ほど掛金は多額になるという仕組みで、ノンフリート等級別料率と呼ばれています。

自動車保険に新規加入する場合、等級は6等級から始まり、1年間で1度も事故を起こさず保険請求を行わなければ、1等級上がって7等級になりますが、反対に1度でも保険を使うことになると3等級下がります。自動車保険に加入後、無事故を続け20等級まで来ると、保険料は60%も安くなり、さらに業界の通則で契約している保険会社を変えても等級は維持されます。

自動車保険のこのような制度から見ても、事故を起こさない運転がいかに有用であるか分かります。

 とらばーゆの医療系求人  あなたの人生が変わる美容整形  うつ病
Q&A新自動車保険相談

 

自動車保険に加入してれば、必ず保険料を支払っていると思いますが、その支払っている保険料をどのようにして決めるのでしょうか。

一般的に、自動車保険の保険料は補償金額、補償範囲、等級、契約者の条件、車の使用用途、特約などによって大きく変わります。自由化になる前は、自動車保険の料率(リスクを数字に換算したもの)はどの保険会社も同じでしたが、自由化になってからは保険会社毎に変わってきています。

自動車保険の保険料でウェイトが高いのは車両保険の部分で、車両の形式、初度登録年、車両価額による判定と、形式ごとに決められた1から9までの車両クラスによって決まります。また、自動車保険の保険料は、価格や事故率が高い車両は高く価格や事故率が低い車両は安くなっています。

運転者の年齢によっても自動車保険の保険料は違ってきます。年齢を問わず担保と30歳未満不担保では、自動車保険の保険料には倍以上の開きが出る可能性があります。

また、最近では任意の自動車保険にリスク細分型自動車保険があり、契約者の年齢、居住場所、性別、年間走行距離、免許証の色などでリスクを細分化し車所有者の保険料を算出する保険もあります。

たとえば事故の少ない地域に住んでいたり、免許証がゴールド免許であったり、また、男性と女性とでは、女性のほうが自動車保険の保険料は安くなっているようです。

 自動車保険  グレープフルーツで簡単ダイエット  デトックスでキレイ身体を手に入れよう
自動車保険と消費者

 

「自動車保険を見直そう」という内容の自動車保険のCMがよく流れているので、誰でも一度は耳にした事があるでしょう。今入っている自動車保険について少しでも不満があるのなら見直してみるのも良いでしょう。自動車保険を見直す際に、注目すべきポイントを紹介しましょう。

第一のポイントは保険料です。少しでも自動車保険の保険料を安くしたいと考えているのなら、代理店経由の自動車保険ではなく、直販型の保険を選ぶと良いでしょう。直販型の自動車保険は、代理店にマージンを支払う必要がないため、かなり安くなっています。また、直販型の自動車保険はほとんどがWEBサイトで見積りや申込ができ、ネット申込するだけで大幅に割引があります。その上、一括で数社を見積りするサイトもあり、希望する条件で最も安い自動車保険の会社を見つける事も容易です。

第二のポイントは、補償内容、サービス内容でしょう。補償内容が充実している事は、自動車保険で最も重要なことです。自動車保険の会社のサイトで、しっかりと確認し、今入っている保険と比較しましょう。さらに、特約やロードサービスについても充実していれば、保険会社をのりかえても良いでしょう。

第三のポイントは、事故の際の対応です。自動車保険は、万が一事故を起こしてしまった場合に困らないためのものです。速やかに対応をしてくれる会社を選びたいものです。自動車保険見直しには、口コミ情報が参考になるでしょう。

 占い  在宅ワーク  わきが  バストアップ・豊胸手術
自動車保険の落とし穴

 

自動車保険の業界は、現在熾烈な過当競争状態です。自動車保険を契約する時あなたはまず何を基準に選ぶでしょう。

自動車保険の自由化によって、海を渡ってきた外資系保険会社は、リスク細分型の様々な商品をもたらしました。自動車保険の特異性を分析、事故を起こしやすい年齢や性別、その用途と使用頻度、過去の事故歴や免許証の色、そして自動車の年式や安全装置の有無などを細かく設定し、総合的に見て事故を起こす可能性の高い人と低い人とにランクを付けました。自動車保険の保険料をまず考える場合、これらの中から自分に最も当てはまる条件を見つけることによって、自分のリスクの度合いを知り、より低額な商品を選ぶことができます。

自動車保険の条件で、もうひとつとても重要な条項は、言うまでもなく補償の内容であり、対人・対物・搭乗者や自分自身、車輌などの自賠責保険で補いきれない、補償の額です。

自動車保険を選ぶとき、これらの条件の無数の組み合わせから、自分にぴったりのものを探すのは非常に困難ですが、今では各社のデータを集め、自分の条件を入力するとあっという間にそれを見つけてくれるサイトがありますので、そちらを利用するのも良いでしょう。

 安藤沙耶香  CMソングサイト  肋間神経痛  ホタテ丼
カテゴリー
更新履歴
自動車保険の種類(2009年8月14日)
自動車保険の等級制度(2009年8月14日)
自動車保険の保険料(2009年8月14日)
自動車保険見直し(2009年8月14日)
自動車保険を選ぶ(2009年8月14日)
カテゴリー
更新履歴
自動車保険の種類(2009年8月14日)
自動車保険の等級制度(2009年8月14日)
自動車保険の保険料(2009年8月14日)
自動車保険見直し(2009年8月14日)
自動車保険を選ぶ(2009年8月14日)