Top > 自動車保険の等級制度

自動車保険の等級制度

保険会社が教えてくれない自賠責保険請求ガイド第3版

 

自動車保険の中で各社の任意保険契約には、等級制度というものがあります。生命保険と異なり、自動車保険のこの等級制度はドライバーの事故歴等によって保険料が割り増しになったり、割り引きになったりします。

一契約で自動車・二輪車を含めて10台以上の車両を補償するフリート契約と、9台以下を対象とするノンフリート契約があり、自動車保険として一般家庭の多くで加入しているのはノンフリート契約になります。

このノンフリート契約にあるのが等級制度であり、1年間の契約期間に保険請求の回数から1等級から20等級まで、自動車保険料が増減し、事故の多い契約者ほど掛金は多額になるという仕組みで、ノンフリート等級別料率と呼ばれています。

自動車保険に新規加入する場合、等級は6等級から始まり、1年間で1度も事故を起こさず保険請求を行わなければ、1等級上がって7等級になりますが、反対に1度でも保険を使うことになると3等級下がります。自動車保険に加入後、無事故を続け20等級まで来ると、保険料は60%も安くなり、さらに業界の通則で契約している保険会社を変えても等級は維持されます。

自動車保険のこのような制度から見ても、事故を起こさない運転がいかに有用であるか分かります。

 とらばーゆの医療系求人  あなたの人生が変わる美容整形  うつ病
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
自動車保険の種類(2009年8月14日)
自動車保険の等級制度(2009年8月14日)
自動車保険の保険料(2009年8月14日)
自動車保険見直し(2009年8月14日)
自動車保険を選ぶ(2009年8月14日)